1. HOME
  2. 免疫とは
  3. 楽々免疫講座
  4. え⁈アレルギー反応も免疫反応の一種だった!

え⁈アレルギー反応も免疫反応の一種だった!

2018年04月06日
roccolab

少し前まで平気だったのに、ある日突然発症する花粉症などのアレルギー反応。こういったことを体験したことある人は多くいると思います。実は、この原因私たちが生まれ持った免疫と深く関わっていました。

 

カラダを守る仕組み(免疫システム)が人にとって役に立つように働いた場合「免疫」となりますが、カラダに不都合なかたちで現れた場合は「アレルギー反応」となります。

 

 

 

 

 

みなさんの中には、花粉やハウスダストなどを吸い込んだり、化粧品を使ったり、特定の食品を食べることでまれにアレルギー反応を起こす人もいると思います。

これは人体に外からの異物が侵入したとき、それを排除しようとする免疫反応の一種なのです。

免疫反応を引き起こすものを一般に「抗原」と呼びますが、この場合はアレルギー反応を引き起こすものという意味で「アレルゲン」という言葉が使われます。

 

 

アレルゲン主要品目

 

 

 

何故、アレルギーになるの?

 

 

同じような環境で生活していても、アレルギーになる人とならない人がいます。

アレルギーを増やしている主な原因としては、遺伝的な要因以外に栄養状態、生活環境やストレスなどからくる複合的な影響が考えられています。

栄養面では、食生活が変化し、卵、牛乳、肉類といった栄養価の高い動物性タンパク質をより多く摂取するようになったことによる栄養バランスの偏りです。

 

生活環境では、急速な都会化による排気ガスなどの大気汚染、作物への残留農薬や環境ホルモンなどによる生体への弊害、新建材普及によるシックハウス症候群の増加などがあげられます。

 

さらに、IT化や社会環境の高度化と情報量の過熱化がもたらす心的ストレスの増大などが直接的にまた間接的に免疫系に影響を与えていることが考えられます。

 

 

まとめ

 

免疫はヒトに本来備わっているカラダの重要な防衛機能です。実は、知らず知らずのところでいつも外敵と戦ってくれています。免疫機能をアレルギー反応というマイナス方向に働かせずに、プラスになるよう免疫機能を十分に高めることで自分のカラダを守っていくことができれば、病気を事前に予防していくことができるのです。

 

 

この記事の監修者:自然免疫応用技研株式会社

 代表取締役 工学博士 河内千恵 氏



PAGE TOP