1. HOME
  2. 効果
  3. ストレス
  4. 春になると頭痛い!だるい!『(デスクワークで)頭すっきりストレッチ』

春になると頭痛い!だるい!『(デスクワークで)頭すっきりストレッチ』

2018年04月06日
roccolab

しだいに暖かくなり新生活を始める人が多い春。寒暖の差が大きく天候が不安定なことに加えて、卒業、入学、引越しなどの年度初めの環境変化によるストレスが重なって、頭痛だるさ眠気といった不調を生じたり、鬱な気分に陥りやすくなるのもこの時期です。その大きな要因はさまざまな環境変化やストレスによってカラダへの負担が増し、自律神経の働きの乱してしまうことにあります。

 

 

 

 自律神経には昼間の活動時に興奮に働く交感神経と、睡眠など休息時にリラックスさせるように働く副交感神経の2種類があります。この時期、環境変化にカラダが対応できずに自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位になり続けてしまうと、血管の拡張や収縮がうまく調節できなくなって、頭痛や冷えなど様々な不調を引き起こします。

 

 

特にパソコン作業が多い人は長時間、姿勢が前かがみになりやすく血流が停滞しやすくなるので、さらに頭痛が深刻化してしまうことも。

 

 

そんな頭痛信号を感じたときにおすすめなのが、肩や首まわりをほぐしながらおこなう「頭すっきりストレッチ」です。首や肩の筋肉をほぐすことで血流やリンパの流れが促進され、さらに痛みを調節する脳の経路が刺激されてるので、頭痛の予防や緩和におすすめのストレッチです。会議開始前などの待ち時間などにためすとスッキリさえた頭で会議にのぞめて最適ですよ。

 

 

 

こんな時がベスト!!

 ☛ デスクワークの息抜きや会議前などの待ち時間に

 

頭痛信号感じたら頭すっきり10秒リンパストレッチ~その1~

【方法】

①椅子に浅めに腰掛け、両手を楽に交差させてモモに置いて、頭をゆっくり下げます。

斜め上を見るようなイメージで頭をゆっくりねじります。

③呼吸をしながら、10秒キープします。(反対側へも同様に)

 

☝ここがイイ!

首をねじることで耳の下からデコルテまでつながる筋肉が刺激されてリンパの流れもようなるのでおすすめです。

 

 

💡マメ知識

 

体内を流れるリンパ液と血液との違いの一つにその流れ方があります。血液のように心臓を起点に循環しているのではなく、リンパ液はカラダの末端を起点に心臓へ向かっていく一方通行。しかも、リンパ管には心臓のようなポンプがないので、リンパ液を流すために筋肉運動を必要とします。

ですから、リンパマッサージやストレッチで筋肉を収縮させることがリンパの流れをよくするのに効果的になるのです。

 

 

 

頭痛信号感じたら頭すっきり10秒リンパストレッチ~その2~

 

【方法】

①肩を揺らして楽にしてから、片側のをつかみます。

②①でつかんだ腕側と反対方向首をゆっくり真横に倒しながら、つかんでいる手を斜め下方向へ引いて、呼吸をしながら10秒キープします。(反対側へも同様に)

 

☝ここがイイ!

頭部の末端からのリンパ液は首のリンパ管に向かって流れていますので、首のリンパの流れがよくなることで、頭も顔もリンパが流れやすくなり、むくみもとれてスッキリに。

 

 

 

まとめ

 

季節の変わり目の春は何かと生活も忙しく、心もカラダも乱れがちになります。忙しさの中、たかが頭痛とほうっておくと、やがて免疫力を低下させてしまうことにも。。頭痛は免疫力低下のSOSのサインと考えて早めに対処していきましょう。

 

 

 

この記事の監修者:FTPベーシックマットピラティス

経路ヨガインストラクター

リリースヨガインストラクター

moco



PAGE TOP