1. HOME
  2. 免活術
  3. エクササイズ
  4. 新生活で春の緊張痛!『(お風呂で)肩こりほっこりストレッチ』

新生活で春の緊張痛!『(お風呂で)肩こりほっこりストレッチ』

2018年04月09日
roccolab

進学や就職、異動などで新生活が始まる春。慣れない職場や新たな人間関係の中で頑張っている人も多いのではないでしょうか?そんな環境の変化がカラダや心へのストレスになり、心身ともに緊張で気がついたら肩や背中はコチコチ状態に。それは心身への緊張ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、免疫力が低下し始めているというカラダからのサインかも。

 

肩こりのある緊張状態はカラダを興奮状態にする交感神経が活発になりすぎています。そのまま眠りについてしまっても、なかなか寝つけなかったり眠りが浅くなってしまうので疲れがとれず、どんどんカラダへの負担が蓄積されていってしまいます。

 

特にパソコン作業やスマホを見る時間が多い人は長時間、同じ姿勢になってしまうことが多いので、血流が停滞しやすく、肩こりが誘発しやすい状態。さらに低血圧冷え性の方は、もともと血行がよくないために肩こりが慢性的に深刻化してしまい、時に激痛を伴ったり肩が上がりづらくなってしまうことにも。

 

 

 

 

そんなカチコチなあなたのカラダと心の疲れをとるのにおすすめなのは、『お風呂で肩ほぐしストレッチ』です。肩甲骨まわりの筋肉をほぐしたり伸ばしたりすることで、血流やリンパの流れが促進されやすくなります。

 

さらにお風呂の温感で血行不良や冷えも解消するとともにリラックス効果で精神的な緊張もほぐれるので、肩こりを解消しながらよい睡眠へと導いてくれます。一日の疲れはその日のうちにとるようにして肩こりや疲れを残さないように心がけましょう。

 

 

 

こんな時がベスト!! 

 ☛ バスタイム中に最適

 

冷え性さんの肩こりに『お風呂で肩ほぐし10秒ストレッチ』

 

【方法】

①お風呂の椅子や浴槽などに背筋を伸ばして座り、片手を逆の肩側にのせます。もう片方の手はヒジをつかみます。

半身浴しながらでもできる♫・・・浴槽の中で、膝立ちまたは正座の姿勢で同様に行います。

 

②つかんでいるヒジを横にゆっくりひっぱり、呼吸をしながら10秒キープします。(反対側へも同様に)

 

ポイント👉・・・この時、顔は正面のまま、身体もねじれないようにキープします。

 

 

☝ここがイイ!

背中を洗うついでにこのストレッチをすれば、いつもの生活習慣で忘れず手軽にストレッチがためせます。さらにお風呂なので、シャワーを肩に当てながらストレッチすれば血行もよくなり、とても気持ちいいのでおすすめですよ。

 

 

 

💡マメ知識

鎖骨や首のまわりは、重要なリンパが集まっているところ。特に肩や肩甲骨まわりの筋肉をストレッチすると首から肩の緊張がほぐれて肩こりが楽になって、リンパの流れもよくなります。

 

 

 

こんな時がベスト!!

 ☛ デスクワークの休息時に

 

肩こりすっきり息抜き10秒ストレッチ~その2~

 

【方法】

背筋をのばして椅子に座り、椅子のフチを片方の手でしっかりとつかみます。

 

②もう片方の手をに添えて、その手でゆっくりと頭を斜め下に倒して首筋(首の後ろ側)をのばし、呼吸をしながら10秒キープします。(反対側へも同様に)

※アゴは引いたままの状態で行います。

 

 

☝ここがイイ!

椅子のフチをしっかりとつかむことで首から肩にかけての筋肉(僧帽筋)を伸ばす力にほどよい負荷がかかり、身体の内側のリンパ液もより流れやすくなります。首・肩まわりの緊張がほぐれて気持ちいいのでおすすめです。

 

 

 

 

まとめ

 

新生活の春の時期、新しい環境は気持ちも緊張してしまいがち。早く対応しようと頑張りすぎてしまうと、疲れやストレスがたまり過ぎて後々に肩こりや睡眠障害などのカラダの不調としてあらわれてきます。カラダが固くなってきたなと感じたら、息抜きと早めのストレッチを意識してみましょう。

 

 

この記事の監修者:FTPベーシックマットピラティス

経路ヨガインストラクター

リリースヨガインストラクター

moco



PAGE TOP