1. HOME
  2. 免活術
  3. エクササイズ
  4. 多忙な師走疲れも簡単解消!疲労回復ストレッチ

多忙な師走疲れも簡単解消!疲労回復ストレッチ

2018年12月22日
roccolab

 

仕事の一区切りも「年内のうちに」を目標に大忙しの年末多忙期。

合わせて久しぶりにいろんな人とのご挨拶などで何かとイベントも多くなり、ヒト疲れもしてしませんか?

 

カラダや精神的な疲れが蓄積されると、カラダの調子を乱し、免疫力を低下させて、病気にもかかりやすくなってしまいますので、ときどき息抜きしたり意識的に体を動かして心とカラダのバランスを整えることがこの時期の体調管理の秘訣です

そこでリラックスできるお部屋でできる年末疲れをスッキリ解消ストレッチをご紹介します。

 

 

背骨でごろごろゴロ寝疲れ解消リラックスエクササイズ

 

わたしたちのカラダの各内臓はそれぞれ副交感神経と交感神経2種類の自律神経がコントロールしています。

自律神経も内臓もカラダの奥深くにあるので直接自分で触れることはできませんが、背骨を通じて刺激を与えることで、間接的に働きかけることができます。

 

 

副交感神経の働きを促す

背骨周りの筋肉が刺激されると副交感神経の働きが促進されます。副交感神経が優位になると精神も落ち着いてカラダをリラックスさせることができます。また、太ももでおなかを圧迫することで内臓がマッサージされ、内臓の働きも活発になります。

 

 

こんな時がベスト!!

 ☛ 部屋でごろ寝中や朝寝起きのベットの上で

 

【方法】

 

 

胎児のポーズ:背中を床につけたままで両膝を曲げて、息を吐きながらひざを抱えていき、5呼吸キープ。

背中マッサージ:背中を前後にゆりかごのように揺らし、背骨周りの緊張をほぐします。

 

※呼吸は止めないように。前後に揺らすのがきつい方は、左右でもOKです。

 

 

 

ストレッチ監修:FTPベーシックマットピラティス

経路ヨガインストラクター

リリースヨガインストラクター

moco



PAGE TOP