1. HOME
  2. 免活術
  3. エクササイズ
  4. どこでも10秒ながら免活で冷え解消法2(手編)

どこでも10秒ながら免活で冷え解消法2(手編)

2019年01月17日
roccolab

 

手もかじかむ冬本番。冷え性女性には過酷な季節の到来ですね。

 

凍えるほど寒い屋外から一歩建物内に入ると室内はじんわり汗ばむような環境温度差にカラダの体温調節もうまく対応できず、自律神経も乱れがちになるので、免疫力も低下して体調も崩しやすくなってしまいます。

 

冷え症だからといって極度な重ね着もかえって冷え症を悪化させる原因になることにも。

そんな時は自らカラダを動かす簡単ながらストレッチでカラダの中からじんわり温めてあげましょう。

 

特別なツールも時間も必要なくいつでも手軽にできて、ストレスの緩和にも役立つので、仕事でちょっと一息つきたいときなどにもおすすめです。

 

電車の待ち時間や仕事の合間に簡単にできる寒さの厳しい季節にぴったりの手の冷えを解消するながらストレッチをご紹介します。

 

 

 

手の冷え解消に『10秒手首ストレッチ

 

冷えは肩こり、不眠、頭痛など様々なカラダの不調を引き起こすだけでなく、自律神経が大きく関わる症状の一つとされています。

なにかとイライラしたり疲れやすいときにも、腕をのばす刺激を与えると前腕から肩甲骨周辺の筋肉がゆるめられて血流がよくなり、カラダの末端まで徐々にあたたかくなって、心身ともにリラックスさせることができます。

 

 

腕のリンパを流す

手や指先の血行が悪くなることで腕の冷えが引き起こされます。手首をストレッチすることで指先から腕全体のリンパや血液の流れがよくなります。

 

 

 

こんな時がベスト!!

 ☛ 電車などの待ち時間やPC作業の一息に

 

 

 

 

【方法】

手のひらを外にして手首を曲げる:手のひらを外にして腕をのばし、反対側の手で親指以外の指を軽く握り、身体の方に引き寄せて10秒キープします。(反対側も同じように)

手の甲を外にして手首を曲げる:手のを外にして腕をのばし、反対側の手で手の甲を握り、身体の方に引き寄せて10秒キープします。(反対側も同じように)

 

※ポイント☞・・・目線は正面を見て、肩が上がらないようにしましょう。

 

 

 

 

こちらも一緒に試してみましょう👍

 

手の冷え解消に『10秒腕のばしストレッチ

 

伸ばした腕の手をグーパーして、前腕から肩甲骨周辺の筋肉をゆるめていきましょう

 

 

【方法】

① 左腕を横に伸ばし、左手首に曲げた右腕を添えて固定し、左手を握ったり開いたり(グーパー5回ぐらい:約10秒程度)します。(反対側も同じように。)

 

※ポイント☞・・・目線は正面を見て、肩が上がらないようにしましょう。

 

 

 

 

手の冷え解消に『10秒手首揺らし

 

 

手首を揺らすことで肩の筋肉をゆるまり、しだいにカラダがじんわり温まります。

パソコン作業の手の疲れをとるのにもおすすめです。

 

 

 

【方法】

① 背筋をのばして椅子などに座り、片方の手首を優しく握り、手首をブラブラと10秒程度揺らします。(反対側も同じように。)

 

※ポイント☞・・・うまく揺らせない場合は、イメージだけでもOKです。

 

 

 

エクササイズ監修:FTPベーシックマットピラティス

経路ヨガインストラクター

リリースヨガインストラクター

経絡緩筋トレーナー

moco

 

 



PAGE TOP