1. HOME
  2. 免活術
  3. 免活レシピ
  4. インフルエンザ・風邪の予防におすすめ免疫力アップの「れんこん」レシピ

インフルエンザ・風邪の予防におすすめ免疫力アップの「れんこん」レシピ

2019年01月18日
roccolab

 

今年も始まりましたインフルエンザに風邪の流行シーズン。

家族や職場など近くに風邪気味の人がいるときに、風邪やインフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人に分かれますが、その差には自らもっている免疫力が大きく関わっています。

 

れんこんは、アレルギー症状を緩和して免疫力を高める数ある食材の中でもとても効果が高い食材です。

 

風邪の予防やインフルエンザ対策の方法には様々ありますが、食事から免疫を高めて、風邪やインフルエンザにかかりにくい体質作りをしておくことも大切です。

 

そんなインフルエンザの流行した時期に最適な免活食材「れんこん」を簡単レシピとともにご紹介します。

 

 

<免活レシピ>

免疫力アップで風邪対策「れんこん」レシピ

れんこん団子と小松菜のスープ ≫

基本のれんこんのきんぴら ≫

れんこんとひじきの煮物 ≫

 

 

 

◆ れんこん

 

 

れんこんには、ビタミンCが100g中に48㎎とかなり豊富に含まれています。ビタミンCは白血球の働きを良くし免疫力を高める効果があります。その他、ビタミンB1やカリウムや食物繊維、ポリフェノールの一種のタンニンも含みます。

 

 

タンニンには止血作用のほか、風邪などの症状にみられる炎症やのどの痛みや鼻水を抑える効果もあります。

れんこんを切ったときに糸を引く粘り成分ムチンには、粘膜を保護して風邪やウィルスなどの感染症にかかりにくくする効果があります。

 

近年、注目されているのが、レンコンのもつ免疫力アップ効果です。アレルギー体質の人の体内では「IgE抗体」が過剰に作られてしまうのですが、れんこんにはこのIgE抗体をつくられにくくしてアレルギー反応を緩和する効果が高いことが分かっています。

 

 

お役立ち豆知識

・上手な選び方:ずんぐりして重みがあるもの。皮が自然な色味で、切り口が白くみずみずしいもの。

・栄養を逃がさない保存方法:新聞紙(カットしたらラップ)で包み、ビニール袋にいれて、袋の口は開けた状態で野菜室へ。

 

 

 

 

基本のれんこんのきんぴら

 

ピリ辛れんこんの定番レシピ

 

<調理時間目安 20分以下>

【材料(2人分)】

・れんこん・・・250g

・お酢・・・適量(水2カップに酢小さじ1が目安)

・赤唐辛子(輪切り)・・・適量

・ごま油・・・大さじ1

[調味料(A)]  

・酒・・・ 大さじ1

・砂糖・・・大さじ1

・みりん・・・大さじ1/2

・しょう油・・・大さじ2

 

<作り方>

❶れんこんの皮をむいて、縦に4つに切り、2㎜程度の厚さにいちょう切りにします。切ったらすぐに酢水に1~2分さらしてアクを抜いた後、水気をきっておきます。

❷鍋にごま油を熱し、輪切りの赤唐辛子と❷のれんこんを炒めます。

❸調味料Aを加えて、からめながら炒ります。

 

 

 

れんこんとひじきの煮物

 

ほっこりする和食の定番おかず

 

<調理時間目安 10分>

【材料(2人分)】

・れんこん・・・100g

・ひじき(乾燥)・・・20g

・にんじん・・・1/6本

・だし汁・・・200ml

・酒・・・大さじ2

 ・砂糖・・・大さじ2

 ・しょう油・・・大さじ2

・サラダ油・・・適量

 

<作り方>

❶れんこんはいちょう切りにし、水にさらして水を切ります。にんじんは千切りにします。

❷ひじきは水で戻した後、水気を切っておきます。

❸サラダ油を熱し、❶のれんこんとにんじんを炒め、❷のひじきを加えてさらに炒めます。

❹だし汁を加えてひと煮立ち後、アクをとり、砂糖を加えて5分程度煮ます。

❺❹に酒としょう油を加えて煮汁がほとんどなくなるまで煮つめます。

 

 

 

れんこん団子と小松菜の豆乳スープ

 

 

レシピはこちら ≫

https://www.bob-an.com/recipes/detail/70864

 

 

 



PAGE TOP